スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なぜこれだけ時間かかったのか」明石歩道橋事故の遺族(産経新聞)

 4度の不起訴の末、元副署長は新制度に基づき、全国で初めて「強制起訴」されることになった。兵庫県明石市で平成13年に起きた花火大会事故。神戸第2検察審査会は27日、検察が認めなかった元副署長の過失を認め、改めて「起訴相当」の議決を出した。「市民の常識からみれば当たり前の判断」。事故で二男の智仁ちゃん=当時(2)=を亡くした下村誠治さん(51)は、淡々とした表情で語った。

 昨年5月の改正検察審査会法施行を「待って待って迎えた」という下村さんら遺族。同7月、元副署長に対する審査会の3度目の「起訴相当」議決に対しても、検察は10月に4度目の不起訴とした。今回、やっと法的強制力を持つ起訴議決となったが、下村さんは「なぜこれだけ時間がかかったのかという思いがある。検察と被害者がこういう関係になるのは異例だ」と不信感をあらわにした。

 今回の議決については「ずっと訴えてきたことがそのまま反映されたような、遺族にとり100点満点の議決」と評価。さらに「今の検察ではこういう判断ができないなら、法に問題があるのではないか。検察側の司法改革も遺族にとって少しでも前進するように歩んでいきたい」と今後の展開に期待をにじませた。

【関連記事】
明石歩道橋事故 検察官が意見陳述 元副署長の処分 近く議決
明石歩道橋事故 遺族会が検察審に意見陳述要請へ
4度目不起訴で神戸地検が遺族らに説明会 兵庫県明石歩道橋事故 
明石歩道橋事故 元副署長4度目不起訴へ
3度目の起訴相当 明石歩道橋事故遺族が地検に要請書

小沢氏が差別発言か オバマ政権誕生に「黒人を選んでまで…」(産経新聞)
4年連続で全施設「充実段階A」-厚労省の救命救急センター評価(医療介護CBニュース)
特急がトラック衝突、二十数人けが=北海道深川市の踏切(時事通信)
2次補正巡る審議、景気・雇用情勢への論議低調(読売新聞)
八ッ場ダムの橋入札延期、国交相が群馬県に要請(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おおともゆうじ

Author:おおともゆうじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。